2014年11月28日

ベクトルと消化

スプツニ子の講演会@藝大に行った。
彼女の存在は、私の尊敬する人が教えてくれて初めて知った。
以来、作品や著書を読んでは
「ベクトルのかたまりみたいな人だな!」と気になっていた。

本日。藝大の大教室に着くと、主催の藤崎教授に「どこ(大学)の人?」
と聞かれたので
「勤め人です」
と答えて曰く、
「ファンなんだね」と。

「はい」とは言ったものの、うーん。
華々しいプロフィール、ポジティブな態度、ザクッと問題提起するところに
目を開かされるけれど、盲目的にファンなわけではなくて。

講演を聞いて思ったこと。

・自分の引っかかりは大事に。

・そしてそこで終わりでは死んでしまう。まさに、

「実行せよ。さもなくば死あるのみ」
「公開せよ。さもなくば腐敗あるのみ」
Nicholas Negroponte(MITメディアラボ創設者)

変えたいのなら、やらなくては。

あとは、己を知って健康に過ごすようにしよう。
posted by AS at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

手紙

ずっと気になっていた文具、万年筆。

「やっぱり欲しい」が決定的になったのは
JR車内のポスター
「キミと夏と山形」
の題字が万年筆でとても格好良かったからだ。

伝えたいことはあるだろうか。

誰に、何を も思いつくことができないので
「あいうえお」。
もどかしい。
mannenhitsu.JPG
posted by AS at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

ジョジョ

生きてます!
そしてこのブログは休止したわけでも
閉じたわけでもないですよ。



ジョジョ、全然詳しくない。
でも、資生堂の原田さんという方の
この再現は美しすぎて読みたくなる。

http://sbts.group.shiseido.co.jp/harada/works/detail.php?rid=357&pageID=1
posted by AS at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

ゆかいなひびといふもの

英辞郎という英和翻訳サイトがかなり好き。

例文に時々ゆかいな文章が混ざっている。
今日は、「鯛(たい)」で検索。

First of all, we would like to thank you for having purchased our "Cleaning Robot Taiyaki-kun".(この度は、「掃除ロボット鯛焼きくん」をお買い上げを頂きありがとうございました。)


tai.jpg※想像

いやいやいや
カバーレターの書き方の例としてあたまがおかしいよw

この例文考えた人、絶対ともだちになれる。

------------

大切な先輩がロンドン赴任になるそう。
日々は進んで、気づくと自分たちも歳をとるのだが、
悲観的にとらずに
楽しくじたばたする毎日を過ごしているのが誇り。

あの高校で育ったからにはまだまだ、
日々模索しつつ愉快にいく所存!
posted by AS at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

ユニコーン

「主に泣いてます」が今週最終回。

綺麗すぎる美女をとりまく悲劇のはなしだったけど、
リアルに綺麗すぎるひとに会ったことがある。



彼女はモデルで、あまりの綺麗さに必ず二度見。
何時間でも見ていたいくらいに整った顔立ちだった。

肌は象牙のようなミルクの質感、
歩く姿は足跡から星がキラキラするよう。

そして、綺麗すぎて案の定悲劇に見舞われていた。
日常的なナンパは数知れず。
告白、果てはストーカー沙汰も珍しくない。

仕事以外で男性に話し掛けられても無視にも関わらず…!


ユニコーンがこの世に実在しているのを想像してください。
そう、そのレベルです。
posted by AS at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

どもほるんりんくる

この本知ってる?
よく電車内で広告しているんだけど。

「空腹」が人を健康にする
「一日一食」で20歳若返る!


こういうの全く興味がないのだけど、
広告に載ってた「読者の声」が超ウケた。

「30歳も若く見られるようになって…(中略)」(70代女性)


絶っっっっ対ねぇよw

真にうけるってこわ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

さすがに、Webでの「読者の声」には載ってなかったw

もう一度、あの広告見たい…
posted by AS at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

タグ

flamingobyAS.jpg

自己紹介が苦手だ。
なまじ経歴が変わっているぶん、近況報告だけでその場の会話は充分もってしまう。

経歴は、料理の「つくり方」のよう。

トマトは湯むき、
肉の表面は強火で、
隠し味にケッパー。

だけど、素人たる自分は
「味」を純粋に楽しみたい。


自然と仲の良くなる相手で、結局経歴を知らないひとは多い。
「なんか知らんが旨い味」にノックアウトされたのだ。

だからか、合コンや異業種交流会と銘打った会はひいてしまう。
自己紹介から始まり、略歴の乱打の2〜3時間を想像すると、
「また今度!」とにこやかに断ってしまう。


-----------------------

一度だけ、初対面四人が約10分で離れがたくなるほど盛り上がったことがある。

『対人コミュニケーション』(※)という授業にて
「初対面で盛り上がれ!」という課題が出た。
うちの斑がやったこと。

1.一枚の紙に四人が頭をつき合わせ、
自分の好きなことやもの、感覚を、
躊躇せずできるだけ多く羅列する。

2.ペアをつくり相手の書いた部分を見て、
共感する部分があれば伝える。

3.2と同じことを、残り二人とも繰り返し。


共通点を見つけられると
信じられないほど嬉しい。
ラーメンズのこのネタ通じるの!?などなど。
アドレナリン出るので、ぜひやって欲しい。

うまくやったらFBも、こんなふうに回るのかもしれないが、
「近況」や「いいね!」ボタンには
まだ夢中になれない。


というわけで、久しぶりに会う方は
「最近仕事は?卒業後何してる?」
ではなく
「最近何が好き?」
と聞いてくれると尾を振って答えるでしょう。




「Perfume」「ももクロ」「犬」と!


(※)こんなに力を入れたのに成績はとれず、
「『対人コミュニケーション』B」という
人間性を疑う称号をゲットw
posted by AS at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

existence

「幸せって『感謝』に似てるのかもしれない」(長谷川潤@AnotherSky番組内のコメント)


そこにそれが有ることが
いかにありがたいか気づけたら、
日々に大していちゃもんは出てこないよなぁ。

潤さん!
あんた、なんとまぁいいこと言うの!
posted by AS at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

コンテンツまとめB 〜DVD、Webまんが〜

DVD借りるなら・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』(ジョン・キャメロン・ミッチェル (脚本), スティーヴン・トラスク (出演), ジョン・キャメロン・ミッチェル (脚本))
hedwig.jpg
東西冷戦時代に性転換手術をして東ドイツからアメリカへとやってきたヘドウィグは、手術のミスで残された股間の「怒りの1インチ」に苦悩し続けながらも、ロックシンガーとして活動を続けていくが…。
あのデヴィッド・ボウイも大ファンだというオフ・ブロードウェイの大ヒット・ミュージカルの映画化。舞台同様、映画版でも脚本・監督・主演を務めるジョン・キャメロン・ミッチェルの、あらゆる性や思想の別を超越させての魂の叫びが、ストレートに観る者の胸を打つ。自曲を盗んでスターとなった恋人のコンサート会場付近でライヴを行う、ヘドウィグの怒りと哀しみが入り交じった熱唱に涙してしまう。見かけは派手だが、実はエモーショナルな温かさに満ちあふれた秀作。あの浜崎あゆみも映画を観て号泣したとか。(的田也寸志)(Amazon.co.jp)

生活にただ慢心しているとだめよね、
とハッとさせられます、ヘドウィグさん。


Webまんが・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。

※ やることがあるのに、ついつい次号を読んでしまうという
  魔力を秘めているので、夜中に読むと危険。

中川三十さん『不発男次郎』
かれこれ6,7年前に読ませていただいていたのだが、
皆さまにもおすそ分け。


橋本チキンさんの
サイト【チキンの魂】の『虫籠のカガステル』

「蟲」系が嫌いでなければ大丈夫かと。
画力がはんぱない。
本格派漫画を、
こんなWebで無料公開ってふとっぱらー

posted by AS at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンテンツまとめA 〜本〜

コンテンツまとめの続き。


読む本に迷っているならこれとかどうですか ・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。

『笑う英会話』(草下 シンヤ, 北園 大園 / 彩図社 )
warau.jpg
英語の参考書や辞書、ハウツー本に載る例文集。一見何の変哲もない文章ばかりかと思いきや、そこには珠玉の“迷文”の数々が潜んでいた! 「テレビブロス」などで活躍中のイラストレーター、エモリハルヒコ氏による楽しいイラストも満載。大爆笑必至です! さあ、Let’s speak funny English!(Amazon.co.jp)

同じ高校出身ならジーニアス辞書をめくってアホ英文見つけたあの感動を分かってくれるはず!
ちなみに、表紙にある例文は、

「サイモンは影が薄い」
"Simon's presence is not felt strongly."(『英語の感覚感情表現辞典』上地安貞/谷澤泰史 東京堂出版)


は、はっきりゆっちゃだめーーー!


『模倣犯』(宮部 みゆき,新潮文庫)
moho.jpg
墨田区・大川公園で若い女性の右腕とハンドバッグが発見された。やがてバッグの持主は、三ヵ月前に失踪した古川鞠子と判明するが、「犯人」は「右腕は鞠子のものじゃない」という電話をテレビ局にかけたうえ、鞠子の祖父・有馬義男にも接触をはかった。ほどなく鞠子は白骨死体となって見つかった―。未曾有の連続誘拐殺人事件を重層的に描いた現代ミステリの金字塔、いよいよ開幕。 (Amazon.co.jp)

伏線を回収してくれるのが快感。
若者の心理描写が上手すぎて、気持ち悪くなって本酔いした。
牡蠣に「あたる」、ように。

『わたしを離さないで』(カズオ イシグロ,早川書房)
NLMG.jpg
『日の名残り』『私たちが孤児だったころ』で高い評価を得た作家が送る、感動的な小説。心に残る友情と愛の物語の中で、世界と時間を巧みに再創造してみせる。

現在31歳のキャシーは、イギリスの美しい田園地方ヘールシャムの私立学校で、子ども時代を過ごした。そこでは子どもたちは外界から保護され、自分たちは特別な子どもで、自分たちの幸せは自身だけでなく、やがて一員となる社会にも、非常に重要だと教えられていた。キャシーはこの牧歌的な過去とはずいぶん昔に決別したが、ヘールシャム時代の友人二人と再会して、記憶に身をまかせることにする。

ルースとの交友が再燃し、思春期にトミーに熱を上げた思いが恋へと深まりはじめる中、キャシーはヘールシャムでの年月を思い返す。外界から隔絶された穏やかさと心地よさの中、少年少女がともに成長する幸せな場面を、彼女は描写する。だが、描写はそんな場面だけではない。ヘールシャルムの少年少女育成のうわべに隠れた、暗い秘密を示唆する不調和や誤解。過去を振り返ってはじめて、3人は自分たちの子ども時代と現在の生き方の真実が見え、それに対峙せざるを得なくなる。

『Never Let Me Go』は単純に見える物語だが、そこに徐々にあらわにされていくのは、驚くべき深さで共鳴する感情だ。カズオ・イシグロの最高作にあげられるだろう。(Amazon.co.jp)

だいぶ前に読んだのですけれど、やはり珠玉です。
空気感を言葉にでき、ひとに伝えられるなんて素晴らしい作家ですね。


『日の名残り』(カズオ イシグロ, ハヤカワepi文庫)
ROD.jpg
品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々―過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。失われつつある伝統的な英国を描いて世界中で大きな感動を呼んだ英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。(Amazon.co.jp)

スティーブンスという人物の作りこみが丹念で、
実在するとしか思えない。
土屋政雄さんの優美な訳もまた素晴らしい。

『猫のゆりかご』(カート・ヴォネガット・ジュニア (著), 伊藤 典夫 (翻訳), (ハヤカワ文庫 SF 353)
CC.jpg
敬愛する友人が貸してくれた本で、SF。
読んでいて楽しい、とか勇気をもらう、とかを求める人には向かない。
読んだ後も印象が尾を引く。


『悪人』
(吉田 修一,朝日新聞社)

akunin.jpg
なぜ、もっと早くに出会わなかったのだろう――携帯サイトで知り合った女性を殺害した一人の男。再び彼は別の女性と共に逃避行に及ぶ。二人は互いの姿に何を見たのか? 残された家族や友人たちの思い、そして、揺れ動く二人の純愛劇。一つの事件の背景にある、様々な関係者たちの感情を静謐な筆致で描いた渾身の傑作長編。

映画にもなって、妻夫木くんと深津絵里という鼻血もののキャスティングでしたね。
本当の悪人とは誰か。
日本の地方の虚無感など、考えを広く周縁にまで及ばせる。
ただのラブラブ逃避行ではないのですよ。



とりあえずはこんなところかな!
posted by AS at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。